NEWS

LECTURE

世界を股に掛けるバイヤーのレクチャー

January 7th, 2019

PROJECT TOKYOが開催しているLECTURE第一回目が
12月9日に講師の飯泉氏を迎えて終えました。
聴講頂いた方も大変満足したLECTUREの内容の一部をご紹介します!

テーマ

バイヤーに商品をわかりやすく伝えるには?
お金をかけずに出来るイメージビルド、セルフブランディングについて

★飯泉氏ってどんな方?

飯泉氏は日本でワールド、バロックジャパン、ESTNATION等でバイヤー、MDを歴任した後に中国の10 corso como、
イギリスのLN-CCでチーフバイヤーに。各店で売上を常に前年比で上げ、2018年現在はフリーで複数セレクトショップ、
ブランドのディレクション、バイイングに関わる。マーケットの国際的視点だけでなくロジカルな考え方を得意とする方。

★飯泉さんがバイイングする時の視点は?

商品を見た時に「イメージを粗利に変えられるか」「他で代用が効かない商品か(=ONLY & FIRST)」がポイントになります。
イメージというのはLOOKBOOK、写真、ランウェイ・・・を見た時にどれだけイメージから売上の数字に換金できるか、
どれを何ピース、どのサイズをどのバランスでオーダーするとどのような売上になるか・・・という数字のシミュレーションを常にしています。

★ONLY &FIRSTというのは具体的にどういう事でしょうか?

こういう時代ですので、一般的なものは大体のお客様はクローゼットにお持ちです。デニムなら数本、スニーカーも色別に何足か。
バッグだってオケージョン毎に揃えていると思います。なので、「お客様に迷わせない買付け」を心がけ、クローゼットに無いもの。
これなら買ってみたいと思わせる提案ができるブランドを探しています。

★バイヤーとブランドの関係とは?

バイヤーによって色々なスタイルがありますが、私はブランドはパートナーとしてなるべく多くの情報を共有しています。
消化率はどうだったのか、どのブランドの並びでどのように売りたいのか・・・バイヤー個人で売上を作るのは難しい時代になったので、
ブランドと共に成長できるような関係になるととても強いと思います。

★テーマである「バイヤーに商品をわかりやすく伝えるには?」には何が必要でしょうか?

色々な要因がありますが、インスタグラムのチェックはマストです。また、日本のブランドはLOOKBOOK等のバイイングキットを
作っていない企業が多く、それにより多くの機会損失をしていると思います。国際的な時代ですので、
ブランドストーリーを含めた日英キットの用意が新たなバイヤーへの架け橋になると思います。

こちらのLECTUREの映像は受講料で
ご提供いたします!

受講者の声
  • 講演者写真
    ノーノーイエス株式会社
    佐藤ピャルカ氏
    参加された理由は?
    PROJECT TOKYO出展にあたり、事前に色々と勉強しようと思い参加しました。
    今回のLECTUREはいかがでしたか?
    本当にためになる事ばかりのLECTUREで、是非出展に活かしていこうと思っています。
  • 講演者写真
    TASHIROデザイナー
    田代耕一郎氏
    参加された理由は?
    PROJECT TOKYOに出展するのと、近い将来独立をする方向を考えているので改めてBRANDについて考えようと思って参加しました。
    今回のLECTUREはいかがでしたか?
    改めてブランドをどう見せてアプローチをどこにしていくかという点が非常に勉強になりました。俯瞰で物事を考えてそれをどうやってもっと上手くしていくかという、バイヤーに対してどう営業していくかを改めて分かりました。
  • 講演者写真
    株式会社ナップパーム
    鈴木慎也氏
    参加された理由は?
    3月開催のPROJECT TOKYOに参加するにあたって、事前準備のために参加しました。
    今回のLECTUREはいかがでしたか?
    非常にわかりやすい話でした。ロジカルに考えて、逆(バイヤー)の立場に立って考えたときにいろんな答えが出てくることが分かりやすく説明していただき、色んなことが再認識できたのでとても為になりました。
  • 講演者写真
    AZOEデザイナー
    アンディ氏
    参加された理由は?
    今回はPROJECT TOKYOさんからお誘いいただいて参加しました。
    今回のLECTUREはいかがでしたか?
    すごく勉強になりました。いつもインスタグラムとか何気なく見ていていましたが、今後はもっと意識しながら色々な角度で見たり、投稿したりしないといけないなと思いました。
★次回1月9日のLECTUREはどのようなテーマでお話しされますか?

「欧州のリテール事情。大手だけではない個店で良い店教えます!」というテーマの通りなのですが、国別のマーケットの違いや
小さくて現地で有名なお店について。特に新進のアジアブランドの買付けを積極的に行っているお店についてお話したいと思います。
それぞれのお店には買付けの理由・STORYがありますので海外を狙っていない方にも
「お店の買付けの理由」を覗けるLECTUREになると思います。

1月9日のLECTUREの受講を希望する方は
こちらの申込書をご記入ください。

出展者リストは2月下旬にOPEN予定です。
Exhibitors list will open in February.

coming soon